相川コータロー作品集

然様なら

作:相川コータロー

自分の人生に嫌気が差して、終わりを告げることにした人の話


 何を言っても変わらない
 人の為に尽くす何て馬鹿みたいって
 分かってるのに押し殺す
 自分の心の声を

 何でこんなに傷付いてまで
 生きてるんだろう私
 こんなんじゃ弱くなっちゃって
 自分が見えなくなる

 何をやっても変わらない
 人の為に頑張るなんて馬鹿みたいって
 分かってるのに押し潰す
 自分の気持ちを

 忘れたくても忘れられない
 されたこと、したこと
 ひとつひとつを鮮明に覚えている
 頭の中がパンクしそうで

 こんな自分なら居ない方がマシって
 周りの白い目で生じる痛みを抱えて
 吹聴された謂れのない事で軋む
 自分の心を抱えて身を投げようと

 死ぬことさえ出来ない気持ちの弱さを
 隠して生きる今日も苦痛しか感じなくて
 そんな日々に飽きて嫌気が差して
 終わらせたいこんな人生と思いながら

 終わりを告げる自分の意思で
 この世界に叩き付ける然様さようなら