相川コータロー作品集

見て見ぬ振り

作:相川コータロー


「また会えると良いね。」
そんな言葉を鵜呑みにした僕の馬鹿さ加減。
素直に受け取って良いのか分からなくて。

「またね。」
何も知らずに僕は返事をしたけど。
それが最期の言葉になるなんて思ってなかった。

愛していたのに愛し抜けなかった。
毎日笑っていたキミの心はズタボロで泣いていたなんて。
触れることさえもままならない弱い僕の無力さ。

「もう一度だけで良いから言いたかったんだ。愛してるって…。」
僕の想いが意味をなさなくなった今。
今更だけどお墓の前で泣きながら言わせてくれないか。

「あっちで待っていてくれよな。」って…。
込み上げて来る思い出。
出会いや話したことが鮮明に浮かんできた。
失って初めて気付くキミの存在がかけがえのないもので。
僕の中で生き続けるキミの命を抱いてゆくよ。