相川コータロー作品集

Light

作:相川コータロー


お前は荒げた声で暴言を吐いた。
なんだ、ストレスが溜まっているのか。
自分の勝手な感覚でそう思い込んでいた。

都合の良い言い訳を叩き並べて。
誰彼構わず傷付ける言葉の刃先。
皮膚を切り裂いて見える血。

倒れ込む俺を見て大きく笑う歪んだ顔。
どうでもいいと言わんばかりの利己主義。
狂ってる思考回路の調整なんて不要って突っぱねる。

気付けば独りぼっち。
誰も周りに居ないことが当たり前。
言うまでもない行動の結果の現実。
どうしても取り戻せない関係。

「ふざけんな!!どうしたらいいんだっ!!」
叫ぶだけで何もしないお前なんて誰も知らねぇ。
行いの悪さが原因で空いた溝。

謝りもしないお前のクズ加減に飽き飽き。
居場所なんて与えないのが罰。
欲しかったら反省を示せこの野郎。

「ごめん」って言うだけじゃ足りねぇ。
だけど許すのが優しさなのか。
ならそうしようって決める。
人の愛に触れて改心する悪人。

見えた光が眩しくて目が開けられない。
でも喜びはすぐそこにあったことに気付いた。