相川コータロー作品集

貌隠し

作:相川コータロー

思いついた瞬間面白いなぁと感じた試作品。


 偽りだらけの自分を見せているだけじゃ意味がないって分かっている。
 でも止められないから怖いと思う。広大無辺な海インターネットの渦に呑まれる。
 見えている世界は自己承認で溢れる。意味のない発言ツイートに付いた共感に酔う。

 自己評価が低下、他者評価で浄化。皆が言う好きが安価。
 嘘っぽく聞こえる言葉に疑い悩んで、周りが見えないから落ちる沼へ。

 底に居るのは、泥塗れな自分の姿。言い訳する為に作ったオリジナルの型。
 困ることはない、言うことはない、することがない。だから卒業アウトサイダー。

 頭の中に住んでる批判家黙って、見て見ぬ振りで安心に浸って。
 独りで感じる辛さに耐えてる気付いて。

 泣いてる自分、慰める自傷、狂ってる自覚。
 おかしい世界、ここは冒して進んで崩れて溺れて。