相川コータロー作品集

GUNSLINGER

作:相川コータロー


砂嵐の中、荒野の街【シルヴェルダ】に一人の男がやってきた。

その男の名は、【ベント】
裏の世界では、あまり知られていない。

「すまないマスター。水をくれ。」
お店の店主から水を貰い、水分補給する。

「ありがとう。また機会があったら来るよ。」
お金を払い、感謝を述べて、お店を後にした。

ベントは、懐から一通の依頼書を取り出して、内容を確認する。

『シルヴェルダに隠居している、アリスト・ルインを抹殺して欲しい……。』
内容を確認後、依頼書を懐にしまい、宿を借りに行く。

午後10時30分、街は騒がしくなっていた。
街に住む人達が何やら話している様子を、部屋の窓から見るベント。

「ん?あいつ……。依頼書に添付してあった、アリスト・ルイン……。」
標的を捉えたベントは、すぐにライフルを用意して、窓を開ける。

「さぁ……いつでも撃てるぞ、アリスト・ルイン。」

二時間経っても、シルヴェルダは静まる様子もない。
その時だった。

アリスト・ルインが、ベントの居る方に顔を向けて、目を見開く。

僅か1秒後、アリスト・ルインは、脳天を撃ち抜かれ、その場に倒れた。

標的を殺すことに成功したベントは、すぐにライフルをケースに入れる。

その後、宿主に部屋の鍵を返し、荒野の街【シルヴェルダ】を去った。

【ベント】、それは仮の名前……。本当の名は、"レヴェナント"
そう……裏の世界では、その様に呼ばれ、恐れられている。