相川コータロー作品集

ゴミ箱~GOMIBAKO~:ユーチのゴミ箱

作:相川コータロー


 きつい言葉ばかりが溜まってるんだ。
 楽になる言葉なんてのは、一個も無い。
 良いんだ。それが俺の宿命だ。
 だらけてるのが悪いだけなんだ。

 無知であるが故に、怒られる。
 だから、これは当たり前だ。
 だけど、俺の気持ちはどこにあるんだ。

 とんでもないことだけど、俺に生きる価値なんてない。
 もう、そう思うしか、生きる希望がないんだ。
 よくもまぁ、ここまで生きて来れたと思うが。

 「あぁ――神よ、俺はいつ死ねるんだ?教えてくれ。」