相川コータロー作品集

僕は泣き死ぬ

作:相川コータロー


「お父さん、お母さん!!」
「可愛いわねぇ♪」
「そうだな。」

僕が死に際に見たものは、両親が死ぬ三分前のことだ。
いつも通り、両親に甘えていただけの僕。
そんな幸せな時間が、王の手によって終わりを迎えた。

虐殺だ。
この国の王は、全国民の家に監視カメラを仕掛けている。
何故そんなことをする理由は単純だ。
自分の悪口を言う人間全員をこの国から排除して、完全な独裁国家を作る為だ。
それに巻き込まれたのが、僕の両親だ。

僕の知る限り、両親は人の悪口を言う様な人達じゃない。
誰にでも優しく、世話好きだ。
それなのに、両親は殺された。

走馬灯が終わり、僕の魂がゆっくりと身体から抜けていく。
あぁ……僕はもう死ぬのか。

その時だ。目の前に着物を着た女性が現れて、僕に話しかけてきた。
「少年、もう一度戦ってみる気はあるか? もし、戦う気があるのなら、力を与えよう。」